先頭に戻る

肌荒れしていても顔脱毛できる?

顔

 

脱毛の期間中肌荒れしても、脱毛はできる?
脱毛期間中に肌荒れしたら、どうすればいい?

 

脱毛している期間中に肌荒れ症状を起こし、そのまま脱毛可能なのか?どんな対策法があるのかで、問い合わせる人が多いです。

 

ここでは、肌荒れ状態での脱毛や、施術後の対策法などについて紹介します。

 

脱毛できます!でも・・・

肌が荒れていても、基本的には脱毛可能です。

 

ただ、肌荒れ状態によっては、症状を悪化させる可能性もあるので気を付けましょう。

 

肌荒れの中でも最も多い悩みがニキビです…
では、ニキビの場合脱毛施術は可能なのでしょうか?

 

小さな白いニキビと、通常のニキビ跡の場合は脱毛施術が可能です!

 

ニキビ跡は、シミほどメラニン色素が含まれていないため、サロンのレーザーが反応を示さないので脱毛施術が可能です。

 

しかし、赤く炎症を起こしているニキビや化膿しそうな黄色いニキビの場合は、症状が悪化する可能性があるので脱毛施術は受けられません。

 

ただ、サロンによってはさほど症状が酷くない場合は、ニキビの部分にシールを貼って施術を行う所もあるので、直接施術士に相談してみましょう(*’▽’)

 

その場合、ニキビが治ってからその周辺の脱毛施術は新たに受けられるので、心配しなくても大丈夫です。

 

さらに、まだ数は少ないですが、敏感肌や乾燥肌・アトピー肌専用の脱毛サロンであれば、多少ニキビができても施術は通常通り受けられる場合が多いです◎

 

肌荒れがひどいとなぜ施術ができない?

ニキビや吹き出物などの肌荒れ症状がひどい場合は、脱毛施術を断られることが多いのですが、それはニキビが悪化する原因になるからです。

 

通常、ニキビができる前に脱毛するとニキビの予防になりますが、すでにできているニキビ・多少炎症を起こしたニキビの場合は逆効果の可能性があります。

 

それは、脱毛に使う光(レーザー)の熱が原因です。
脱毛は60度以上の熱で毛根を焼いてムダ毛細胞を死滅されるので、照射した周りの皮膚にも熱が伝わります。
その時できたばかりの白いニキビはさほど熱を吸収しませんが、炎症や化膿前の赤&黄色いニキビは元々熱を持っている上に、さらに光の熱が照射され症状を悪化させてしまう危険性があるので注意が必要です。

 

また、 敏感肌や乾燥肌の場合は肌本来の水分量が少なく、そのまま施術を受けるとムダ毛が抜けにくくなったり、炎症を引き起こしたりと脱毛効果が弱まる可能性があるので、十分に保湿して肌の水分量を増やしてから施術を受けることが大事です(*’▽’)

 

脱毛後の肌ケアで肌荒れの悪化を防ぎましょう!

化粧水

 

肌荒れで脱毛施術を受けた時、脱毛後の肌ケア次第で悪化症状を防ぐことができます◎

 

いつも以上にしっかり保湿する!

肌が乾燥すると肌荒れの症状が悪化するだけでなく、毛穴のトラブルで新たな炎症を引き起こす危険性があるので、脱毛後は必ず十分な保湿を心がけましょう!

 

ちなみに、高額な保湿クリームや美容液ではなく、いつもの化粧水やクリームを丁寧に塗布するだけで十分な保湿効果が得られます。

 

施術当日はシャワーにしましょう!

脱毛施術で光を照射するため、皮膚が少し熱を持った状態になります。そんな時に暑い湯船に入ると、肌に熱がこもりすぎて肌荒れや炎症の症状が長引いたり、悪化したりする可能性があるので、当日はシャワーにして肌を守りましょう♪

 

ちなみに、もしも温め過ぎた場合は、すぐに冷水や保冷剤などで肌を冷やして症状を抑えた方が良いです。

 

炎症が悪化した場合は炎症止め軟膏を塗りましょう!

肌荒れ症状がひどくなった場合は、施術士に相談し、医療機関で炎症止め軟膏をもらいましょう!

 

特に赤みやヒリヒリしている部分に軟膏を塗ると、たいてい2〜3回くらいで症状が治まるので、不安な場合は必ず相談しましょう。

 

日焼けに注意!

脱毛は肌に光を照射することで、毛根細胞を破壊しムダ毛を消滅します。
なので、施術でダメージを受けた部分にさらに紫外線が当たってしまうと、シミや肝斑・乾燥などの原因になるので脱毛期間中は日焼けに注意しましょう!

 

ニキビや肌荒れにおススメの脱毛サロン

ニキビや吹き出物・その他肌荒れの場合でも、症状によって施術可能なサロンもあります。

 

それが、フラッシュ脱毛を行っているサロンです。
肌荒れ症状がある場合医療レーザー脱毛は施術が不可能ですが、エステサロンの場合は光レーザーの出力が弱いため症状によっては施術可能な場合が多いのです。

 

フラッシュ脱毛と、医療レーザー脱毛の違い

●フラッシュ脱毛
・仕組
ムダ毛の黒い色に反応する光を当て、毛根組織にダメージを与えることでムダ毛を消滅

 

・痛みが少ない
レーザーに比べ、光の出力が弱いため熱が分散され痛みを感じることが少ないです。

 

・肌へのダメージが少ない
出力の弱い光の熱を拡散しながら照射するため、肌を傷つけることなく安全です。

 

●医療レーザー脱毛
・仕組
強いレーザーの光を一か所に集中させ、ムダ毛や毛根細胞を破壊して脱毛

 

・痛みが強い
レーザーの出力が強く、一か所に熱が集まるため痛みを感じることが多いです。

 

・肌へのダメージが大きい
強い光を肌表面に直接当てるため、やけどやシミができる可能性があるので肌へのダメージが大きいです。

 

 

つまり、出力の弱いエステ脱毛サロン(フラッシュ)の方が、痛みや肌へのダメージが少なく非常に安全なため、今の脱毛業界の主流となっており人気も高いのでおススメです☆

 

コラーゲン美肌脱毛で
ムダ毛がなくなり、プルプルに♪

新店舗